パソコンを治してい男性

修理を依頼

キーボード

iPhoneは故障をしてしまうと個人で修理することは困難です。パーツを自分で取り寄せて分解しパーツを交換するなどをしなくてはならないからです。またそのようなiPhone修理をしてしまうと、分解や改造などをしたと思われて公式のサポートを受けれなく場合もあります。 また非公式のiPhone修理などもありますが、これも行うことは個人での修理と同じです。公式の修理より安いですが、修理箇所以外の所にもダメージが行く可能性もありますし、公式のサポートも受けられなくなる可能性があります。公式のサポートを活用したいと思う場合にはおすすめできません。しかし、もう少しで機種変更などをするなどの人は十分に活用するメリットがあります。

また非公式のiPhone修理を行いたい人は他にもデータを消したくないなどの人もいると思います。こういった場合にはまずデータのバックアップが取れない状態なのかを確認しましょう。画面が割れている場合はパソコンに認識すればバックアップが取れる場合が多いです。画面が付かない場合でもパソコンで認識しないか確認しましょう。パソコンで認識さえすればバックアップを取る事ができます。iPhoneが壊れたと思ったら、まずデータのバックアップを最優先しましょう。iPhoneはどんなに壊れていても新しいもの替えれば問題ないですが、中のデータは替えが利かないからです。現在はiCloudなどもあるのでバックアップを簡単に取れるようになりました。いつiPhone修理となっても大丈夫なようにしましょう。

注目の記事